ゲーム雑誌「ファミ通」を発行するGzブレインは、2018年における国内家庭用ゲーム市場の速報を公開した。18年1月1日から12月30日(52週)までの集計によると、Nintendo Switchなどのハードとオンラインを含むソフトの市場規模は4343億円(前年同期比2.7%減)。最も販売本数が多かったソフトは、18年1月に発売したPS4用ゲーム「モンスターハンター:ワールド」だった。

2018年に最も売れたゲームソフトはPS4用ゲーム「モンスターハンター:ワールド」だった

 集計の内訳は、ハードが1700億9000万円(15.9%減)で、ソフトが2642億1000万円(8.2%増)。ハードの売り上げは下がったものの、13~16年の市場規模は上回っており、依然として高い水準という。一方、ソフトはダウンロード販売が拡大し、2年連続で成長となった。なお、前年の集計期間は16年12月26日~17年12月31日(53週)としている。
 

 ハード市場では、Nintendo Switchが348万2000台を販売して年間販売台数のトップになった。そのうち12月期だけで115万9000台と、年間の3分の1にあたる販売台数を達成し、年末商戦で大きな存在感を示した。Nintendo Switchは17年3月に発売され、発売年の販売台数が340万7000台だった。2位はPS4で、年間で169万5000台を販売した。
 
2018年に最も売れたハードはNintendo Switchだった

 ダウンロード販売を含めたソフトランキングの年間首位は、286万本を販売した「モンスターハンター:ワールド」が獲得。ダウンロード版の売り上げが87万4000本と全体の3割近くを占めた。2位は、任天堂が18年12月に発売したSwitch用ソフト「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」。12月発売ながら、約3週間でダブルミリオンに到達する勢いで、Nintendo Switch本体の販売増にも寄与している。