Gzブレインは、eスポーツプラットフォームアプリ「ESPERNETWORK(エスパーネットワーク)」の配信を開始した。ゲーム大会の開催、参加、観戦が可能なアプリで、今後はこのアプリ一つでeスポーツの全てが楽しめるよう、グローバル展開やコンテンツの拡充を進めていくという。

Gzブレインのeスポーツプラットフォームアプリ「ESPERNETWORK」

 ゲーム大会の開催や運営に必要なツールをワンストップで提供。アプリ上で大会の作成から、参加者の募集・抽選・連絡、トーナメントやリーグの設定、進行の管理まで一元化し、初心者でも簡単に大会が開催できる。
 
アプリ上では、大会情報や試合、トーナメントの様子などを確認できる

 大会に参加したいプレーヤーは、同アプリ上で募集されている大会を検索し、ワンタップでエントリーが可能。抽選結果や対戦スケジュールなどのプッシュ通知が届き、自分の参加状況を手軽に把握することができる。また、参加した大会の履歴や、対戦相手の戦歴、各試合のハイライトやレビューを投稿・閲覧することができる。

 大会がニコニコ生放送やYouTube Live、YouTube Live、Twitch、OPENRECといった動画共有サービスで配信されている場合、アプリを切り換えることなく「ESPERNETWORK」上でそのまま観戦することができる。リアルタイム視聴に限らず、終了した大会のトーナメント表を介したアーカイブ視聴も可能。大会や試合のページにはコメントを投稿でき、参加者の応援や他の視聴者との交流を図ることができる。

 この他、ファミ通AppVSをはじめとした主要なゲームメディアのeスポーツ関連記事が読めたり、大会やチーム、ユーザーを横断検索できたりと、eスポーツやゲーム大会をより深く、より広く楽しめる機能を実装している。