読売新聞社は、CyberZとエイベックス・エンタテインメントが共催・運営するeスポーツリーグ「RAGE」の国内プロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」に、2019年度シーズンから参入する。

読売新聞社が「RAGE Shadowverse Pro League」に参戦する

 読売新聞社は、読売巨人軍創立記念日の12月26日に、「GIANTS」ブランドを活用したeスポーツチーム「Gaming Team×Tokyo Giants(G×G=ジー・バイ・ジー)」を設立。eスポーツ参入に当たり、「G×G」は、「私たち読売新聞社は、GIANTSブランドを活用することで日本のeスポーツ界とゲーム文化を盛り上げていきたいと思っています。多くの人に感動とゲームの楽しさをお届けできるような活動を目指していますので、どうぞ応援をよろしくお願いいたします!」とコメントしている。

 RAGE Shadowverse Pro Leagueは、本格スマホカードバトル「Shadowverse(シャドウバース)」のプロリーグ。企業がスポンサーする、あるいは運営するプロチームに所属する3人1組のチーム戦で実施する。選手の一般公募実施やリーグに参戦する選手の最低収入(給与)の保障を設けるなど、新しいeスポーツプロリーグとして18年5月に開幕した。

 19年度シーズンは、「AXIZ」「au デトネーション」「名古屋OJA ベビースター」「横浜F・マリノス」「よしもとLibalent」「レバンガ☆SAPPORO」に加えて、「G×G」が所属することになる。各試合は、国内最大級のeスポーツスタジオ「OPENREC STUDIO」で実施し、「AbemaTV」のウルトラゲームスチャンネルと「OPENREC.tv」で全節完全生放送する。

 19年1月には、プロプレーヤーを希望する選手を対象にした、新チーム説明会を開く予定。今後の選考スケジュールや、各チームの募集要項などを説明する。