BPO事業やコールセンター事業などを手掛ける光コミュニケーションズは、「会話禁止・人との係わり禁止の休“係”室(休係室)」を2月14日に開設した。電話やオンラインチャットを通じて、1日中、人と係わるコールセンター業務に従事する従業員に、一人で気を遣わず休める休憩時間の提供で就業環境を改善することが目的。

「休係室」の様子

 休係室では、使用ルールの変更と一人用スペースの増設を実施。従業員は、「休係室は一人で過ごす場所。他人と係ってはいけない。会話してはいけない。ケータイ電話も使用禁止」というルールにのっとって休憩時間を過ごすことができる。本当に休まる休憩の場を提供することで、働き方・休み方を改革し、従業員が能力を発揮できる職場環境を整える。

 一方、光コミュニケーションズでは自由に会話でき、みんなで過ごせる「休憩室(談話室)」も設置している。室内に、テレビ、テーブルゲーム(モノポリー、オセロ、トランプカードなど)を設置し、積極的に楽しくコミュニケーションを取ることができる。