イオンリテールは、シアンス・アールが開発したスマートフォン(スマホ)IP無線サービス「Aldio」を採用、従業員のコミュニケーションをリアルタイム化して業務効率化につながっている。


 イオンリテールでは、店舗や事業会社を中心にスマホを約2万台導入。「働き方改革」を実現するため、従業員が負担に感じている作業や時間等を調査し、インカムを利用したコミュニケーション改革の実現が最も即効性があると判断した。そこで、18年にAldioの導入を開始。問い合わせや連絡事項をAldioを通して発信し、従業員の移動距離をはじめとして商品や人を探す時間を半分以下に短縮した。

 Aldioは、音声でのリアルタイムな情報共有ができ、スマホにアプリをインストールするだけで利用が可能。スピーカーマイクなどの周辺機器と連携し、ハンズフリーでスマホに触れることなく通話できる。イオンリテールでは、6000台のAldioを150店舗に導入した。