訪日外国人観光客の急増を受け、“だれでも安心して使えるトイレ環境”を目指し、日本レストルーム工業会は、温水洗浄便座などを操作するためのトイレ操作系ピクトグラム(図記号)を2017年1月に策定。各社の製品への採用を順次進めているなか、18年12月には日本工業規格(JIS S0103 消費者用図記号)にも登録され、運用が始まった。

 今回、JIS登録されたのは、18年1月に国際規格のISO 7000(機器・装置で用いる図記号)に登録された6種類「便器洗浄(大)」「便器洗浄(小)」「おしり洗浄」「ビデ洗浄」「便ふた開閉」「便座開閉」に「乾燥」を加えた7種類。
 
JIS登録されたトイレ操作系ピクトグラム(絵文字)

 アイシン精機、アサヒ衛陶、SANEI、ジャニ、ジャニス工業、東芝ホームテクノ、TOTO、パナソニック、LIXILが加盟する日本レストルーム工業会は、このトイレ操作系ピクトグラムが普及すれば、訪日観光客をはじめ、あらゆる人にとって観光・宿泊施設や公共のトイレがわかりやすくなるとしている。従来は各社、ピクトグラムがマチマチだったため、リフォームや引っ越しで、トイレのメーカーが変わると操作に戸惑う問題も解消する。