ソフトバンクは1月30日、「ソフトバンク」の新キャンペーンとして、2018年10月26日に発売したAppleの「iPhone XR」の機種代金から1万800円を割り引く「iPhone XR ハッピープライスキャンペーン」を開始した。

新iPhone3機種のうち「iPhone XR」を実質値下げ

 「iPhone XR」を購入し、「通話基本プラン」の2年契約か「2年契約(フリープラン)」、または「ハートフレンド割引(通話基本プラン)」に加入すると、一括払い(新スーパーボーナス適用)で、64GBでは10万6560円、128GBでは11万2800円、256GBでは12万4800円の機種代金から1万800円を割り引く。

 「iPhone XR」は、オールスクリーンのガラスとアルミニウムのボディーに、6.1インチの「Liquid Retinaディスプレイ」や、次世代のNeural Engineを搭載したA12 Bionicチップ、TrueDepthカメラシステム、高速なFace ID、シングルレンズカメラで背景がきれいにボケたポートレートを生み出す先進的なカメラシステムを搭載する。カラーは、ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル(オレンジ)と、売り上げの一部を寄付する「(PRODUCT)RED」の6色。

 同じく1月30日から、同様の割引条件で、ハードウェアとソフトウェア、AI(人工知能)技術を融合したGoogleの新しいスマートフォン「Google Pixel 3」「Google Pixel 3 XL」の機種代金から1万800円を割り引く「Google Pixel 3 ハッピープライスキャンペーン」を開始した。
 
日本初上陸の「Google Pixel」を実質値下げ

 「Google Pixel 3/Pixel 3 XL」とも、容量は64GB/128GBの2種類、カラーは、Clearly White、Just Black、Not Pinkの3色。