全国の家電量販店やECショップからPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、ホームシアターシステムの年間販売台数でトップに立っているのは12月23日時点でヤマハ。ここ数年、首位を堅守していたソニーを崩し、5年ぶりのNo.1に王手をかけている。

ホームシアターシステムの年間販売台数でトップに立っているのはヤマハ(2018年12月23日時点)

 販売台数シェアは、現在1位のヤマハが30.7%で、2位のソニーが29.2%。1月からの販売台数シェアの推移を振り返ると、両社が抜きつ抜かれつで年間を通してデッドヒートを繰り広げていたことが分かる。まずは、ソニーが2月に約5%のシェア差をつけて、首位に浮上。その後、6月にヤマハが再逆転。以降は、ヤマハがトップを維持しながらも、ソニーがじりじりと差を詰める展開が続いた。
 
抜きつ抜かれつの大接戦を1年と通して繰り広げた

 機種別でも、ヤマハとソニーのトップ争いは熾烈だ。1位のヤマハの「フロントサラウンドシステム YAS-107」が13.8%、2位のソニーの「ホームシアターシステム HT-S200F」が10.0%で、2製品で市場全体の4分の1のシェアを占める。コスパに優れるモデルという点で共通することもあり、残り数日のシェア争いのカギはこれらのモデルの売れ行きが握っているといえそうだ。(BCN・大蔵 大輔)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。