ソフトバンクとヤフーが出資するPayPay(ペイペイ)は12月13日、同社が提供するスマートフォン決済サービス「PayPay」で12月4日から実施していた「100億円あげちゃうキャンペーン」を終了したと発表した。PayPay利用時の決済額の20%、あるいは全額が戻ってくる特典はなくなり、今後の還元率は通常特典として0.5%になる。

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」が10日間で終了した
(画像はキャンペーンページの告知)

 キャンペーン開始直前から利用者が急増。当初、実施期間は3月31日までの4カ月間としていたが、10日間で100億円が底をついた。還元の上限率は10万円相当だったが、家電量販店などでも利用が可能だったので、高額な商品を購入する顧客が多く、キャンペーン終了を早めたとみられる。

 PayPayは、顧客側が支払い用のQRコードを提示するか、レジに設置されているQRコードを読み取り、決済金額を入力して支払うことができる。キャンペーンをきっかけに、初めてスマホ決済を利用する顧客も多くみられた。店頭では利用方法の説明でレジが混雑する場面がみられたが、キャッシュレス決済普及への効果があったともいえる。

 「LINE Pay」や「Origami Pay」など、先行するスマホ決済に追いつくためにペイペイが実施した今回のキャンペーンは、各メディアやSNSで大きな話題となった。今後ペイペイは、急増した利用者に特典終了後も継続的にPayPayを利用してもらうため、どのような施策を打つのか、注目していきたい。