• ホーム
  • トレンド
  • ビックカメラ、「PayPay」を全店舗に導入、多彩なキャッシュレス決済を追求

ビックカメラ、「PayPay」を全店舗に導入、多彩なキャッシュレス決済を追求

販売戦略

2018/12/03 14:30

 ビックカメラグループは、PayPayのスマホ決済サービス「PayPay」をビックカメラコジマソフマップの全215店で導入する。12月4日から利用が可能となる。


 導入する決済方式は、店舗が提示したQRコードを購入者が「PayPay」アプリで読み取る「ユーザースキャン」。ビックカメラでは、2005年の電子マネー「Suica」の導入以降、「Alipay」や「ビットコイン」など、さまざまなキャッシュレス決済サービスを導入し、家電小売業界で最も多彩なキャッシュレス決済方法を提供。電子マネーやモバイルウォレットによる決済方法の普及が見込まれる中、今回の導入は顧客満足度の向上が狙いとなる。

オススメの記事