日本たばこ産業(JT)は、新しい文化やライフスタイルを生み出す「JT Rethink PROJECT」の一環で、40組の夫婦を対象に夫婦でテレビ画面を観るときに最適な距離を調べる実証実験を行った。心理学者の晴香葉子氏が監修する研究「夫婦の距離」の第2弾。


 実証実験では、ソファーに座った状態で映画を鑑賞して夫婦が心地よく感じる距離を申告。肩と肩の間の距離を計測した。40組80人の平均値を集計した結果、最適な距離は244mmになったという。この距離が、親しい間柄で心地よさを感じながら、関係性に新鮮さをもたらし、心身の健康にもプラスに働くとのことだ。