日本たばこ産業(JT)は、紙巻たばこの喫煙者が電子たばこ「プルーム・テック」に切り替えた際の体内に取り込まれる健康懸念物質量(曝露量)を調査した。

紙巻たばこの喫煙を継続したグループの曝露量を0%とした
(1-最小二乗幾何平均値)±(95%信頼区間)

 健康な成人の紙巻たばこ喫煙者60人を対象に、「プルーム・テックの使用に切り替え」「紙巻たばこ喫煙の継続」「禁煙」で各20人に分けて5日間に渡って実施。その後、曝露量を測定した。調査では、プルーム・テックの使用が紙巻たばこの喫煙に比べて曝露量が低減するとの結果が出たという。

 この結果から、JTではプルーム・テックが喫煙に伴う健康へのリスクを低減させる可能性があると捉えているとのことだ。