中国のインターネット通販大手・京東集団(ジンドン)はこのほど、バーチャル試着室などの先端技術を備えた新店「紅豆京東之家」(ホンドウジンドンのいえ)を中国江蘇省無錫市にオープンした。

紅豆京東之家の外観

 バーチャル試着室は、試着する衣類に合わせて背景を切り替えられるほか、実施の試着室では見えにくい背後からの見え方が確認できる。ほかには、動作や接近を感知して鏡に商品情報を表示するシステムや、顧客情報を可視化できるデータ分析システムも導入している。
 
バーチャル試着室

 ジンドンは、ネット通販と実店舗、物流機能を融合させ、買い物の自由度を高めることを目指す「ボーダーレスリテール」戦略を提唱しており、紅豆京東之家を同戦略の服飾分野一号店と位置付けている。今後は、ビッグデータなどを活用し、新しい体験ができるサービスを展開するという。