KDDIは、札幌ドームでOsterhout Design Groupが開発したスマートグラス「R-9」を用いて野球観戦時に選手のコンディションなどのスタッツ情報をリアルタイムに確認できる新しい野球観戦の実証実験を実施した。5G時代を見据えてスポーツ×通信(スポーツテック)による新しい体験価値の創出を目的に据えている。

実証実験の様子

 実証実験では、10月2日に開催された北海道日本ハムファイターズ対埼玉西武ライオンズにおいて、MR技術を活用して30人の観客にR-9を貸し出した。現実の野球観戦と、スタッツ情報や中継映像、実況・解説音声のリアルタイム配信を重ね合わせて表示。また、R-9のカメラで座席位置を推定し、座席位置から見えるグラウンドに合わせて情報を3次元に可変させたという。なお、選手データは、データスタジアムが提供した。