国際電気通信基礎技術研究所、KDDI、KDDI総合研究所は3月26日、次世代移動通信システム「5G」に対応した50台のタブレット端末を活用し、スタジアムで4K高精細映像を同時に配信する実証実験を行い、国内で初めて成功したと発表した。

201803261037_1.jpg

 実証試験は、3月5日から3月9日まで沖縄県の沖縄セルラースタジアム那覇で実施。サムスン電子の「5G エンドツーエンドソリューション」を活用して観客席に28GHz帯の実験システムを用いたエリアを構築し、映像視聴端末として50台の5Gタブレット端末を設置した。5Gの特徴である高速・大容量通信を活用することによって、端末に対して4K高精細映像の同時に配信することができたという。総務省の技術試験事務における5G総合実証試験として行った。