角川ドワンゴ学園N高等学校(N高)は、コンピューターゲーム競技に取り組む「eスポーツ部」を10月2日に発足した。これまで「ネット部活」としてオンラインを通じて活動してきた「サッカー部」と「格闘ゲーム部」が合流。新たにバトルロイヤルゲーム「Fortnite」なども活動競技に加えた。メンズファッションブランド「VANQUISH」がデザインするユニフォームも決定した。

「eスポーツ部」のユニフォームデザイン

 eスポーツ部では、さまざまなeスポーツ競技に挑戦。指導パートナーとして、ネット部活「サッカー部」特別顧問の秋田豊氏(元サッカー日本代表)がウイニングイレブンを、「格闘ゲーム部」特別顧問の志郎氏(eスポーツ団体「指喧」)が格闘ゲームを引き続き担当することに加えて、eスポーツのプロチーム「FAV gaming」(Gzブレイン)と「SCARZ」(XENO)が参画して各ゲーム競技に応じて指導する。

 N高では、「ウイニングイレブン」をプレーするネット部活のサッカー部で、N高1期生の相原翼さん(高3)が今年9月にインドネシア・ジャカルタで開催された「第18回アジア競技大会」に日本代表選手として出場し、金メダルを獲得。日本のeスポーツ界をリードする存在として、今後の活躍が期待されている。

 eスポーツ部における卒業後の進路については、専門学校などへの指定校推薦による進学サポートや、ゲーム関連職種への就職サポートも行い、eスポーツを将来のキャリアとして目指す生徒への支援体制も整えていく。