9月20~23日の4日間、千葉・幕張メッセで開催した東京ゲームショウ(TGS)2018の来場者数が過去最多を記録した。主催者のコンピュータエンターテインメント協会(CESA)と共催の日経BPによると、4日間の来場者数は29万8690人だったという。

過去最多の来場者数を記録したTGS2018

 出展企業数が668社で小間数が2338小間と、過去最大の規模を更新した今回のTGSでは、家庭用ゲームやスマートフォンゲーム、PCゲームなど、さまざまなデバイスをプラットフォームに幅広いジャンルの新作タイトルやサービスが発表となった。
 
eスポーツの大会は立ち見が出るほど盛況だった
(写真は「ウイニングイレブン2019」を使った日本とオランダの国際交流戦)

 特に注目を集めたのは、eスポーツの大型ステージ企画「e-Sports X(クロス)」だ。国際交流試合やプロによる対戦、来場者が参加できるイベントによって、国内外の来場者やメディアが多く集まった。次回のTGSは、来年の9月12~15日まで、幕張メッセで開催する予定となっている。