角川ドワンゴ学園 N高等学校(N高)とANAホールディングス(ANA)は、ANAの遠隔操作ロボット「ANA AVATAR(Beam Pro)」を活用し、さまざまな制限によって通学が困難の生徒が参加できる「遠隔操作ロボ 通学コース」のトライアル授業を、7月4~13日の平日8日間、N高の横浜キャンパスで実施する。

ANA AVATAR

 トライアル授業の参加者は、自宅からPCをBeam Proを操作し、自身の分身としてロボットが横浜キャンパスに通学。これまで居住地域や身体的困難などの物理的な制限の理由によって通学を断念せざるを得なかった生徒が、ロボットを通じて遠隔地から通学することで、一般の生徒と同じ授業に参加する機会を得ることができる。横浜キャンパスにいる生徒とコミュニケーションをとって、ディスカッションやグループワークを中心とした授業に参加する。

 今回のトライアル授業では、使途の参加意識がさらに高まることを期待しているほか、Beam Proを使った遠隔地教育の実効性を確認することなどが狙い。