バンダイは10月18日、インターネット経由で遠隔操作できるホームロボット「ネットタンサー」を発売すると発表した。「バンダイロボット研究所」のサイトで12月16日午前10時から受注を開始する。価格は送料別で5万円。

 バンダイは10月18日、インターネット経由で遠隔操作できるホームロボット「ネットタンサー」を発売すると発表した。「バンダイロボット研究所」のサイトで12月16日午前10時から受注を開始する。価格は送料別で5万円。

 発売中の自律型プログラミングロボット「タンサーボーグ」に、無線LAN機能を内蔵したカメラ付きネットワークユニットをセットにした。ネットワークユニットは単体でも販売する。価格は3万円。

 ロボットにカメラを装着し、無線LANを通じて映像を送信。ユーザーはその画面をパソコンなどで見ながら「ネットタンサー」を操縦することができる。さらに、インターネット経由での遠隔操作にも対応。音声通信機能や画像認識機能も備えており、パソコンがインターネットに接続されていれば、室内の様子を写真に撮って指定したアドレスにメールで送信することもできる。

 また、人工知能簡易言語「ボーグスクリプト」使って、プログラムを組んで高度な動作を実行させることもできる。サンプルプログラムも数多く収録しているため、既存のプログラムだけでもさまざまな動きが楽しめる。

 同社では、留守中の自宅のモニタリング・監視やペットの様子の確認、家族への伝言などといった用途での利用を見込んでいる。