日本eスポーツ連合(JeSU)は8月10日、新たにオフィシャルスポンサー6社がついたことと、フィジカルスポーツの競技団体から4人の特別顧問を招いたことを発表した。また、9月の東京ゲームショウ(TGS)2018や来年の初頭には国際親善試合を用意し、JeSUの役割や活動内容をアピールする。

アジア会競技大会の公開競技に出場する日本代表選手の壮行会と同時に発表会が行われた

 新たにJeSUのオフィシャルスポンサーとなったのは、「Indeed Japan」「au(KDDI)」「GALLERIA(サードウェーブ)」「サントリー」「BEAMS(ビームス)」「ローソン」の6社。第18回アジア競技大会の公開競技に採用されたeスポーツの大会に出場する選手のユニフォームには、各企業のロゴが刺繍されている。
 
JeSUのスポンサー一覧

 フィジカルスポーツの競技団体から招聘された特別顧問は、国際体操連盟/アーバンスポーツ支援協議会の渡邊守成会長、日本サッカー協会の岩上和道副会長、日本ゴルフ協会の戸張捷常務理事、アーバンスポーツ支援協会の太田雄貴副会長の4人。
 
リアルスポーツ団体から4人の特別顧問を招聘した

 特別顧問を招聘したことについてJeSUの岡村秀樹会長は、「リアルのスポーツ団体とのさまざまな連携も含め、団体運営のアドバイスなどをしていただく」と説明。「ともに日本のスポーツGDPを高めていく」と狙いを話した。
 
JeSUの岡村秀樹会長

 9月20日から24日にかけて開催されるTGS2018では、eスポーツ大型ステージ「e-Sports X(クロス)」をJeSUが主催する。ステージでは、アジア大会に出場した3選手の凱旋報告会を開催するほか、日本・オランダeスポーツ国際親善試合を開催する。また、19年1月に予定している日本・サウジアラビアeスポーツ国際親善試合の日本代表選考会を行う。
 
サウジアラビアとの国際親善試合はどちらの国でも試合を行い、賞金を用意しているという

 オランダとの試合で使用するタイトルは未定。サウジアラビアとは、「ウイニングイレブン2019」(コナミデジタルエンタテインメント)、「鉄拳7」(バンダイナムコエンターテインメント)、「ストリートファイターVアーケードエディション」(カプコン)などで対戦する。タイトルについては増える予定だ。さらに、国際eスポーツ連盟が主催する「第10回eスポーツワールドチャンピオンシップ」の日本代表選考会も「鉄拳7」で行う。

 岡村会長は、「JOC(日本オリンピック委員会)への加盟はまだ果たしていない。しかし、国際団体(国際eスポーツ連盟)がIOC(国際オリンピック委員会)に加盟した際には、JOCへの加盟も含め、日本のeスポーツを盛り上げていける団体でありたい」と展望する。「JeSUは立ち上がってまだ6か月。最善を目指しているが、今はベストではない。課題もたくさん残っているので、開拓者精神でやっていかなければならない」と締めくくった。

 同日、電通がJeSUのマーケティング専任代理店として指名されたことを発表。「国内におけるeスポーツのさらなる発展に向けて、マーケティングプランの策定やスポンサーセールスなどの面で、グループの総力を挙げて貢献していきます」とコメントしている。