2001年に世界初のロボット掃除機を発売したエレクトロラックスが、再びロボット掃除機の土俵に戻ってきた。1月17日に発表した「PUREi9」は実に17年の歳月を経て登場した第2世代モデル。第1世代とは形状・性能・コンセプトなどあらゆる点で変貌を遂げており、まったく別物と捉えるのが正確だろう。“先行”から“後発”に、“追われる立場”から“追う立場”になったエレクトロラックスに勝算はあるのか。

201802051841_1.jpg
エレクトロラックス日本法人の長岡慶一社長に再参入するロボット掃除機の戦略を聞いた

 「当時は一般論でコンピューティングの技術が未成熟で、ユーザーが満足するレベルには達していなかった」。同社日本法人の長岡慶一社長は、17年前の早すぎたアプローチの失敗を振り返る。しかし、そこで立ち止まっていたわけではない。「先陣を切った分野でもあるので、ロボット掃除機に対する愛着や情熱をもち続けていたし、開発も継続していた」という。

 実は16年4月のBCNの取材で長岡社長は「近日中にロボット掃除機に再参入する」と語っていた。それから今回のリリースまで約2年。ずいぶんと長い月日を要したわけだが、長岡社長によると取材時には「実際に発売できるという段階まで進んでいた」そうだ。
 
201802051841_2.jpg
BCNの取材でロボット掃除機市場への再参入を明かす長岡社長(2016年4月)

2年の開発延長でブレイクスルー 人間が見るように物を認識

 これに待ったをかけたのは、「もっと良いものが出せるのでは」という社内の声だった。同時期に競合となるであろう他社のロボット掃除機が驚異的なスピードで進化を遂げていたこともある。15年ごろからネイト・ロボティクスの「ネイト Botvac」やアイロボットの「ルンバ」が、自動運転車にも採用されているSLAM(Simultaneous Localization And Mapping)を用いたマッピングシステムを搭載。これまで無駄の多かったロボット掃除機の動作が一気に洗練された。

 SLAM技術はカテゴリー自体のレベルを1ランク引き上げたが、長岡社長は「PUREi9」はさらにもう1ランク上のグレードに達していると話す。「動きが非常にスムーズで、人間が見るように物を認識する。既存のロボット掃除であれば、ある程度は床に物がない状態をつくらなければいけないが、『PUREi9』はそれがほとんど必要ない。障害物や落下の恐れがある段差もスイスイ避けて掃除できる」。
 
201802051841_3.jpg
柵のない机の上を自走する「PUREi9」。フチの際をなぞるようになめらかに動く

 さぞや優秀なセンサーを多彩に備えているのだろうと思いきや、「PUREi9」のセンサー部は「2方向レーザー」と「カメラ」のみというシンプルな設計。2方向のレーザー光線をセンターのカメラで受信して空間全体を把握する「3D Visionテクノロジー」が唯一の検知システムだ。
 
201802051841_4.jpg
センサー部は「2方向レーザー」と「カメラ」のみというシンプルな設計

 従来のロボット掃除機だと、目の前に障害物が現れてはじめて認識して回避となるのだが、「3D Visionテクノロジー」では、起動時に360°回転して床上の障害物や階段までの距離を事前に計算する。あらかじめ情報がインプットされているので、最短経路で効率よく動作することが可能になる。長岡社長の言葉を借りるなら、“人間のように”空間全体と自分を認識しているのだ。

 画期的なのは「3D Visionテクノロジー」だけではない。ロボット掃除機の進化は「テクノロジーの足し算」ともいえるが、「PUREi9」は引き算によってもいくつかの課題を解決している。それを象徴するのが、市販のほとんどのロボット掃除機が搭載している底面センサーだ。
 
201802051841_5.jpg
センサーをあえて外した「PUREi9」の底面。
吸引口に空気の通り道をつくることで吸引力を上げる細かな工夫もみられる

 サイドブラシ付近に落下防止のために備わっている底面センサーだが、その存在は吸引口のサイズや配置、ブラシの毛の量などを制約していた。「PUREi9」は「3D Visionテクノロジー」でより安全に落下を回避するので底面センサーは不要。したがって、前面から3cmの近い位置に約20.5cmの特大ロールブラシを搭載したり、ブラシの毛足の本数が多かったり、今までロボット掃除機であまり変化がなかった部分の改善にも着手できている。

[次のページ]高単価でも掃除機なら売れる 成功のカギは店頭にあり

  • 1
  • 2

次へ