LINEモバイルとソフトバンクは1月31日、LINEモバイルが運営するMVNO事業「LINEモバイル」のさらなる成長を目的に戦略的提携を進めることで合意したと発表した。

201801311718_1.jpg
「LINEフリー」など独自のサービスを展開する「LINEモバイル」

 具体的には、LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける資本提携とMVNO事業推進のための業務提携で、詳細は今後の協議により決定される。これらよりLINEモバイルは、LINEとソフトバンクのもと、事業を展開することになる。2018年3月の取引完了時の出資比率はLINE49%、ソフトバンク51%となる予定。LINEモバイルの代表取締役社長は変更はなく、現在「LINEモバイル」を契約中のユーザーは変わらず利用できる。