日本電機工業会 (JEMA)の調べによると、2017年度上半期(4月~9月)の白物家電の国内出荷金額は1兆2720億円で、過去10年では最も高かった。

201712071359_1.jpg

 JEMAでは、今夏は一部地域で天候不順の影響があったものの、消費者ニーズに対応した省エネ製品・高付加価値製品が堅調に推移した結果、前年同期比104.6%の伸びにつながったとみている。

※『BCN RETAIL REVIEW』2017年12月号から転載