• ホーム
  • トレンド
  • 「時短」「効率」をキーワードに フラグシップモデル提案術

「時短」「効率」をキーワードに フラグシップモデル提案術

売るヒント

2017/12/06 10:20

 近年、家計に占める食費の割合を示す「エンゲル係数」が高まっているという。食関連以外のモノがなかなか売れない原因は、選ぶ・買う・片付ける、そのいずれにも多くの時間がとられるからだ。付加価値の高いフラグシップ家電を売るためのヒントは、男性が考えている以上に、女性、特に子どもがまだ幼い有職女性は、日々時間に追われ「時短」「効率」を重視し、家事にかかわる時間を節約できるなら出費は惜しまないということだ。接客時の何気ない会話から「時間切迫度」を引き出し、「時間を買う」という切り口で提案してみよう。


高価格にはワケがある
時短」「効率」をキーワードにした
フラグシップモデル提案術


1.家事負担を軽減する時短家電
 

<接客トークのポイント>

▼ドラム式乾燥洗濯機
 洗濯から乾燥までおまかせ。室内やバルコニーに運んで干す時間を削減。液体洗剤の普及を受け、液体洗剤を自動投入できるタイプも再登場。
 

▼コードレススティッククリーナー
 今や2台持ち、3台持ちは共働き夫婦の常識。キャニスター型、ロボット掃除機との使い分けで負担を少なく。

▼自動調理鍋
 無水調理や圧力調理、蒸す・煮込むなどで毎日の食事をヘルシーに。多彩な自動調理メニューや付属のレシピ集で「献立」の悩みも解消して一挙両得と提案を。
 

●休日に作り置き、平日に焼きたてを再現

トースター・コンベクションオーブン
 焼きたての味を再現する「リベイク」や、設定温度を細かく調整できる本格的な料理機能などで再評価されている。燻製ができるものもあり、ますます注目度アップ間違いない。メニューや食材に応じて、従来のオーブンレンジとの使い分けを勧めたい。
 

2.PC作業の効率化に役立つアイテム
 

▼最新PC周辺機器
 ロジクールの「FLOW」搭載マウスは、異なるPC、Mac間でカーソルを移動できて便利。会議や商談をさりげなく録音できる超小型ICレコーダーも役立つ。
 

▼座りすぎを防ぐPCデスク・チェア
座りっぱなしは身体に良くないとの研究結果もあり、仕事中や休憩時間を有効活用して健康的に。気分転換や眠気覚ましの効果も。
 

●「Amazon Alexa」「Google Assistant」
対応サービス続々登場

 話題のスマートスピーカー「Amazon Echo」「Google Home」の国内発売を機に、各社から、音声AIアシスタント「Amazon Alexa」や「Google Assistant」対応サービスが発表されている。連携するサービスの内容はさまざまで、開催中のイベントやオススメ商品情報を知らせ、集客につなげようとする小売店もある。成功事例が出るか、動向に注目したい。

※『BCN RETAIL REVIEW』2017年12月号から転載

オススメの記事