塩山知之社長が、ナニワ商会で入社当時に担当していた部署が、情報システム開発室だった。同社は業界に先駆けて、ERP(統合基幹業務システム)の「SAP R/3」を導入するという大規模なIT投資を行っていた。残念ながら、当時の導入効果は限定的なものにとどまったということだが、ITとデータを武器として競争に勝ち抜くという考え方は、今に生きている。

取材・文/日高 彰、写真/松嶋 優子