2016年の国内EC年間流通総額が3兆円を突破した楽天。屋台骨であるインターネット・ショッピングモール「楽天市場」は、16年1月に開始した「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」をテコに、成長を再加速させている。入社以来、楽天市場一筋の矢澤俊介執行役員は「ユーザーがオンラインとオフラインを区別しなくなってきた」と、最新の顧客動向を分析する。

取材・文/大蔵 大輔、写真/大星 直輝