いまやあらゆる業界、業種に普及している「ポイントサービス」は、年間約8500億円ともいわれる発行規模に膨れ上がっている。1989年にヨドバシカメラが初めて考案した「ポイントカード」は、「お客様への利益の還元」からスタートし、同社の高収益な経営の実践と密接に絡み合っている。開発当時の考えを明かした創業者の藤沢昭和社長に『会社の夢』を聞いた。