パナソニック、予約・視聴に便利な4Kチューナー内蔵ディーガ 4機種

新製品

2023/05/19 10:00

 パナソニックは5月19日に、「ドラマ・アニメ1クール自動録画」機能を採用し、新4K衛星放送2チューナーを搭載するBlu-rayディスク(BD)レコーダー「ディーガ」の新機種「DMR-4T403」「DMR-4T303」「DMR-4T203」「DMR-4T103」を発売する。価格はオープン。

「ドラマ・アニメ1クール自動録画」に対応した
4Kチューナー搭載「ディーガ」4機種が登場

スマホアプリ「どこでもディーガ」もアップデート予定

 「DMR-4T403」「DMR-4T303」「DMR-4T203」「DMR-4T103」は、「推し活」ユーザーによるレコーダー使用率が高いこと、レコーダー購入者はドラマやアニメの録画を重視する傾向がみられることを受けて、ユーザーにより使いやすい機能を充実させた製品として開発された、4Kチューナー搭載BDレコーダー。

 指定したジャンル(ドラマ/アニメ)や時間帯(ゴールデンタイムや深夜など)で、約90日分自動録画する「ドラマ・アニメ1クール自動録画」機能を搭載しており、新シーズンを迎えたドラマやアニメはもちろん、番組改編期のスペシャルドラマの取り逃しも防げる。

 録画番組の再生は、1.3倍速や1.6倍速での早見再生にも対応しているほか、自動で次回放送話を探し出して連続再生する「次エピソード自動再生」、サムネイル画像で見たいシーンが探しやすい「プレビューサーチ」など、録画番組をネット動画のように楽しめる。

 ほかにも、スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」を使用した、外出先などでのスマートフォンからの録画番組の視聴(最大2.0倍速再生に対応)や、新4K衛星放送の2番組同時録画が可能となっている。

 いずれの機種も、Ultra HD ブルーレイの再生に対応しており、チューナー数はBS4K・110度CS4Kチューナーが2基、地上デジタル/BS・110度CSデジタルチューナーが3基。
ギャラリーページ

オススメの記事