• ホーム
  • ライフスタイル
  • IOデータ機器、ミラーレス一眼の高品質映像をWeb会議で使える「HDMI/USB変換アダプター4Kモデル」

IOデータ機器、ミラーレス一眼の高品質映像をWeb会議で使える「HDMI/USB変換アダプター4Kモデル」

新製品

2023/01/26 17:55

 アイ・オー・データ機器は、HDMI/USB変換アダプタ4Kデル「GV-HUVC/4KV」を2月中旬に発売する。

HDMI/USB変換アダプタ4Kデル
「GV-HUVC/4KV」

ミラーレス一眼Webカメラのように使う

 「GV-HUVC/4KV」は、HDMI出力映像を簡単にPCへ取り込むことができるキャプチャーデバイス。UVC(USB Video Class)に対応しており、同商品とHDMIケーブルで接続したミラーレス一眼カメラやビデオカメラなどの機器は、Windows、Macで“カメラデバイス”として認識され、Webカメラのように扱うことができる。

 また、最大4K/30pの撮影や配信に対応しており、従来のFull HDモデルよりもさらに高解像度の映像をPCに取り込むことができる。

 ミラーレス一眼カメラやビデオカメラなどは、一般的なWebカメラよりも映像やマイク音声が高品質で、自由な取り回しも可能なため、伝えたい映像をリアルタイムに配信できるようになる。

 撮りたいものにレンズを向けたりズームしたりするのも容易で、カメラがもつオートフォーカスや光補正機能をそのまま生かすことができる。
 
「GV-HUVC/4KV」のパッケージ

 ビデオカメラやアクションカメラと一緒にノートPCを持ち歩けば、外出先でも絶景シーンやイベントシーンを撮影し、高画質でリアリティのある配信を楽しむことが可能。また、HDMI出力のゲーム機とPCの間に同商品をつなぐことで、ゲームのプレイ映像を公開できる。

 フレームレート調整機能をもったアプリケーション「StreamChanger」を添付している。これにより、Web会議では映像や音声が途切れたりせず、スムーズに進めることができる。

 本体は非常にコンパクトで、しかも軽量。ポケットやカバンに入れてどこでも持ち運ぶことができ、カメラとケーブルで接続した際の取り回しも容易に行える。また、USB Standard A⇔USB Type-C変換ケーブルを添付しており、従来のパソコンはもとより、最新のUSB Type-C端子をもつPCでも使用することができる。価格は2万3980円。
ギャラリーページ