キヤノン「PIXUS」新製品、「GIGA TANK」モデル含む4機種

 キヤノンは、家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS(ピクサス)」シリーズの新製品として、プレミアムモデル「XK110」とハイスペックモデル「TS8630」の2機種と、特大容量タンク「GIGA TANK(ギガタンク)」を搭載した「G3370/G1330」の2機種を11月10日から順次発売する。

「PIXUS」新製品 4機種発売

 在宅勤務やオンライン学習の機会が増えるなか、自宅でもより簡単に効率よく、低ランニングコストでプリント・スキャン・コピーを行いたいというニーズが高まっている。写真や文書印刷に適した「XK110/TS8630」は、ユースシーンに合わせて選択できるUI(ユーザーインターフェイス)を採用し、少ない操作でプリントやスキャンなどを行える。

 一方、文書を多く印刷するユーザーに最適な「G3370/G1330」は、特大容量タンク搭載により、大量印刷と低ランニングコストを実現する。また、使い勝手のよい新デザインと簡単にインクが補充できる機構を採用している。

 各機種の主な特長として、「XK110」のタッチパネルには、「標準モード」に加えて、「仕事」「学習」「ライフ」といったシーンごとに使う機能をまとめた「Switch UI」を新たに採用した。ワンタッチで画面を切り替えて、必要な機能に素早くアクセスできる。「TS8630」には「かんたんモード」を採用し、よく使う機能の設定を簡素化することで、手軽にプリントやコピーが行える。

 さらに、「XK110/TS8630」ともに普通紙の連続印刷や両面印刷で生じていた待ち時間を削減し、プリント作業を効率化する。また、「XK110」は低ランニングコストでの印刷が可能で、L判印刷に必要なインク/用紙の合計コストは約9.8円を実現している。「TS8630」は、6色ハイブリッドインクによる高画質写真が約10秒(L判)で印刷できる。

 「GIGA TANK」を搭載した「G3370/G1330」は、ブラックインクボトル(別売り)1本分の容量でA4約7600ページ、カラーインクボトル(シアン/マゼンタ/イエロー、別売り)の場合はA4約8100ページの大量印刷が可能。インクコストはA4モノクロ文書1ページ当たり約0.4円、A4カラー文書1ページ当たり約1.0円と低ランニングコストを実現。さらに、使い勝手を意識した新デザインを採用している。「G3370」は、バックライト付きの液晶パネルを搭載し、操作時の視認性を向上したほか、カバーの開閉など操作する部分をわかりやすくすることでユーザーが迷うことなく使用できる。

 価格はオープン。

オススメの記事