手にフィットする「人間工学電卓」登場、カシオから

新製品

2022/10/07 19:30

 カシオ計算機は、操作面を3°の角度で傾斜させ、キーを階段状に配置することで右手使用時の打ちやすさを追究した電卓「人間工学電卓 JE-12D/DE-12D」を、10月21日に発売する。

操作面の傾斜と「人間工学階段キー」を備える電卓「JE-12D」

 「人間工学電卓 JE-12D/DE-12D」は、「人が電卓に合わせるのではなく、電卓が人に合わせる」をテーマに、人間工学的知見を用いてきょう体やキーを見直し、手へのフィット感や打ちやすさにこだわった電卓。電卓の使用状況やニーズに関する調査を行い、その結果から「右手3~5本指での使用」という条件に着目し、最適なきょう体・キー設計により打ちやすさを追究した。

 開発にあたっては、手指の動きや姿勢、キーの押し込み方向、筋活動量といった人が電卓を操作する際の状態を国立研究開発法人 産業技術総合研究所とともに分析。その過程で明らかになった「電卓を操作する際には手が外側に傾く」という特性に着目し、操作面には横方向の傾斜を設けている。打ちやすさのほか電卓として違和感がないかも考慮し、9°まで検証を行った結果、3°という角度を導き出した。

 一方、「傾いた電卓を操作した際にもキーを押す方向は垂直のまま」という分析結果に基づき、キーには新構造の「人間工学階段キー」を採用し、常に垂直方向に打てるよう配置している。これにより右手指にフィットし、自然なポジションで使用することが可能となった。試作機を用いたテストでは、83%のユーザーが「従来品よりも打ちやすい」と回答している。
 
(左から)JE-12D・ホワイト、JE-12D・ブラック、DE-12D

 また、本体デザインは曲面を用いることで自然な丸みのある印象に仕上げているほか、底面には波紋状の溝をつけ、持ちやすさにも配慮している。
 
底面には波紋状の溝をデザイン

 JE-12Dはホワイト、ブラックの2色。DE-12D(デスクタイプ)はホワイトのみ。価格はオープン。
ギャラリーページ

オススメの記事