ベゼルとバンドを一体構造にした新構造のG-SHOCK

新製品

2022/08/24 11:00

 カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の新モデルとして、ベゼルとバンドが一体となった新構造の「GA-B001/B001G」を9月23日に発売する。

GA-B001/B001G

 3時・9時位置でベゼルを切り分け、上下それぞれのベゼルをバンドと一体化。従来のG-SHOCK同様の耐衝撃性能をもちつつ、一体成型のバンドが腕に添うような構造にすることで腕と時計の隙間を減らし、着け心地に配慮した。

 デザイン面では、バーチャル空間への入り口をイメージし、幾何学形状の文字板デザインや円形状のインデックスを用いて、近未来を感じさせるフェイスに仕上げた。
 
「G-SHOCK」シリーズで初めての構造を採用。
近未来を感じさせるフェイスに仕上げた

 「GA-B001」はブランドカラーのブラックと新色のレッドの2色。スケルトン素材のベゼルとバンドにグラデーション印刷を施した「GA-B001G」は、ブラック×レッド、ブラック×ブルーのカラーリングを用意した。

 機能面では20気圧防水に対応し、ソーラー充電システムや、38都市のワールドタイム、ストップウォッチ、タイマー、時刻アラームなどを備える。また、Bluetooth通信によるモバイルリンク機能に対応し、スマートフォンと連携することで自動で正確な時刻情報に修正する。

 価格は、「GA-B001-1AJF(ブラック)」「GA-B001-4AJF(レッド)」が1万7600円、「GA-B001G-1AJF(ブラック×レッド)」「GA-B001G-2AJF(ブラック×ブルー)」が1万9800円。

オススメの記事