滝の水しぶきを蒔絵で表現した「OCEANUS」限定モデル

新製品

2022/09/15 12:00

 カシオ計算機は、電波ソーラー腕時計「OCEANUS(オシアナス)」から、日本の伝統工芸である蒔絵(まきえ)を時計ベゼルに採用し、躍動感ある滝の水しぶきを蒔絵で表現した「OCW-S5000MB-1AJF」を10月14日に発売する。販売数は限定1200本で、価格は27万5000円。

サファイアガラスベゼルにプラチナ粉をまいた限定モデル

 昨年発売した蒔絵モデル同様、京蒔絵師の下出 祐太郎氏による制作・監修のもと、ベゼルのサファイアガラスに蒔絵を施した。プラチナ粉をグラデーションのようにまく「蒔きぼかし」と、その粉が付かない部分をあえてつくる「抜き描」という二つの技法を組み合わせた文様は、下出氏が「蒔きぼかし抜描瀧文(まきぼかし ぬきがきたきもん)」と命名。プラチナ紛をベゼルの12時から6時方向に縦のライン上にまき、滝の水が勢いよく流れ落ち舞い上がるしぶきを表現、ベゼルを斜め45度に傾けブルーからブラックに変わるグラデーション蒸着を施すことで蒔絵に躍動感を持たせた。
 
ブランドカラーのブルーの美しさと蒔絵の技法を融合したサファイアガラスベゼル

 文字板には、鏡面仕上げを施した白蝶貝を縦のライン状に配し、滝つぼにきらきらと流れ落ちる水を表現した。OCEANUSのブランドカラーであるブルーの美しさと蒔絵の技法の融合により、水の躍動感をイメージした華やかで上質なモデルに仕上げている。

 機能面では、電波受信機能に加え、Bluetooth通信を使用したスマートフォンリンクによる時刻修正機能を搭載し、場所を問わず正確な時刻を表示する。「CASIO WATCHES」を利用すると、ワールドタイムの時刻を約300都市から簡単に設定可能。連続駆動時間はパワーセービング状態で約18カ月。
ギャラリーページ

オススメの記事