4万円台の新Kindle「Kindle Scribe」、シリーズ初の手書き入力対応

新製品

2022/09/29 16:30

 Amazonは、Kindleシリーズ初の読み書き一体型の次世代Kindle電子書籍リーダー「Kindle Scribe」を、9月29日からAmazon.co.jpで予約受付を開始した。年内の出荷開始を予定している。

次世代Kindle電子書籍リーダー「Kindle Scribe」

 Kindle Scribeは、Kindleシリーズ史上最大となる10.2インチ、解像度300ppiのディスプレイを搭載し、さらにKindleシリーズで初となる「スタンダードペン」または「プレミアムペン」を同梱している。読書に没頭できるだけでなく、ペアリング・充電不要のペンを使うことで、電子書籍への手書き付箋の追加、PDFなどの書類へのメモ書き、ノートやToDoリストの作成などが可能なデバイスとなっている。

 明るさ自動調整機能と光の反射を抑えた高級感のあるディスプレイの搭載により、文字や画像がくっきり大画面で表示される。本体はわずか5.8mmの薄さで、スタイリッシュなデザインを実現し、ディスプレイの表面は少し摩擦のある質感で仕上げており、まるで本物の紙のように読み書きが行える。

 従来のKindleシリーズと同様に、フォントサイズや行間の調整、ダークモードへの切り替えなど、デバイスを好みのスタイルにカスタマイズすることが可能。また、USB-C充電ケーブルの採用、読書のみで最大12週間、読み書きで最大3週間持続可能なバッテリや、色調調節や明るさ自動調整機能を搭載し、昼夜を問わず長時間快適に読書を楽しむことができる。

 Kindle Scribeに同梱される「スタンダードペン」または「プレミアムペン」、どちらのスタイラスペンも、ペアリングや充電は不要で、Kindle Scribe本体にマグネットで取り付けられる。手書き文字の太さの調整、マーカー、消しゴム、元に戻すなどの多様な機能も備えている。また、手になじむデザインで、自然な使い心地と書き心地を提供する。さらに、「プレミアムペン」には、カスタマイズ可能なショートカットボタンを搭載し、消しゴムやマーカー、付箋追加などの機能の割り当てが可能となっている。

 Kindle Scribeは、読み書きが一体化した電子書籍リーダーで、新しく開発された付箋機能を使って、購入したKindle本に手書きの付箋を加えることができる。メモは自動的に一つの場所に管理されるため、すべてのメモを一括で確認したり、エクスポートしたりすることも簡単に行える。また、ノート機能を使い、ToDoリストの作成や、会議の議事録、授業のノートを取ることもできる。これらはすべて自動的にクラウドに保存・バックアップされ、今後のアップデートでは、本体だけでなくKindleアプリからもアクセスが可能になる予定。

 さらに「Send to Kindle」では、スマートフォンやパソコンからPDFやdocxファイル形式の資料をKindleに転送し、閲覧することができるという従来の機能に加えて、PDFファイルに直接メモを書き込んだり、Microsoft Wordなどの対応する文書に付箋を追加したりすることが可能となった。

 気候変動対策に関する誓約(Climate Pledge)に基づき、再生利用プラスチック48%と再生利用アルミニウム100%が使用されている。このデバイスの梱包に使用される梱包材の100%が、適切に管理された森林やリサイクル資源から調達された木質繊維でできている。

 価格は、スタンダードペン付きの16GBが4万7980円、プレミアムペン付きの16GBが5万1980円、32GBが5万4980円、64GBが5万9980円。また、別売りのファブリックカバー、レザーカバー、プレミアムレザーカバーは9980円から。
 
別売りのカバーは3種

オススメの記事