「ワイガヤ」で新規事業開発を体験・学習できる「ボードゲーム」

新製品

2022/06/08 17:30

 新規事業開発やイノベーションの創出を支援する事業共創カンパニー「Relic」は、社内起業や新規事業開発を楽しみながら体験・学習できる業界初のボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を9月下旬から順次発売する。価格は7000円。BCNクラウドファンディング「BCN本舗」では、6月30日までの予約受付で35%オフの4500円で販売している。

新規事業開発を遊びながら学べる「イントレプレナー・オンボーディング」

新規事業をもっと身近に

 「イントレプレナー・オンボーディング」は、「新規事業」を気軽に体験できるボードゲーム。友人や同僚と遊ぶもよし、新規事業に興味はあるが少し勉強してからと考える人や社内のコミュニケーション活発化にも使える。
 
新規事業に必要な三つの段階を完成させるゲーム

 新規事業は、(1)アイデアを考える「構想」、(2)製品・サービスを実際に提供する「事業化」、(3)事業を大きくする「成長/拡大」――の三つの段階からなる。ゲームを通じて各段階を順番に完成させることで、イントレプレナー(社内起業家)として必要な知識が学べる。
 
必要なリソース(人材・モノ・予算・情報)や売り上げを集めている様子

 プレイヤーは、フェーズ/プロセスの完成に必要なリソース(人材・モノ・予算・情報)を集めつつ、売り上げを最大化させることで勝利を目指す。最終的に、完成させたフェーズ/プロセスに置かれているリソースの数と売り上げの合計を競い合う。

 実際の新規事業の開発同様に、スピーディーに事業推進し、売り上げを最大化させることが重要であることが遊びながら身につく仕組みだ。

 商品サイズは269×269×60mm、重さは約2kg。プレイ人数は2~5人で、1回あたりのプレイ時間は約1.5時間(人数により変動する)。

オススメの記事