• ホーム
  • トレンド
  • 一晩中みんなで遊べる「ボードゲームホテル」 大阪・難波に誕生!

一晩中みんなで遊べる「ボードゲームホテル」 大阪・難波に誕生!

暮らし

2022/05/26 18:30

 ブルーパドルとベースドラムが企画/コンテンツ制作を担当した、コスモスイニシアおよびコスモスホテルマネジメントが展開するホテル「MIMARU大阪 難波STATION」(大阪府大阪市)が6月2日にオープンする。

130種以上のボードゲームをはじめとする多彩なゲームを楽しめるホテル

 MIMARU大阪 難波STATIONは、130種類以上のボードゲームが遊び放題で楽しめる、最大6名まで宿泊可能な広い客室を備えたボードゲームホテル。
 
遊べる縁側

 2階ロビーの「遊べる縁側」は、ボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE」が監修を担当した、130種類以上のボードゲームを常備した遊び放題の共用スペースで、ボードゲームは客室への貸し出しも行っている。

 館内には、ボードゲームを常備した特殊部屋として、「人狼・マーダーミステリーの部屋」(定員6名)、「こども向けボードゲームの部屋」(定員5名)、「スカイテラスとボードゲームの部屋」および「夜通しボードゲームの部屋」(定員5名)の4種類を設置する。
 
人狼・マーダーミステリーの部屋

 人狼・マーダーミステリーの部屋では、5種類の「マーダーミステリー」の中から一つを選べるほか、部屋に常備された数多くの人狼系ゲームを遊べる。また、ゲームをより楽しむための薔薇といった小道具や、天国部屋、密談部屋も用意している。
 
こども向けボードゲームの部屋

 こども向けボードゲームの部屋は、子どもが楽しめるボードゲームが用意され、親子で一緒にゲームを楽しめる。定番の人気おもちゃやすべり台も備えている。
 
HOTEL GAMES

 さらに、すべての客室に隠された20枚の金貨を探す「小さな金貨」、実際に1泊しないと遊べない人狼ゲーム「一泊いたずら人狼」など、ホテル内のいろいろな場所がゲームになる8種類のゲーム「HOTEL GAMES」を、ボードゲーム作家とともに開発した。
 
ホテル内には財宝が収納された「秘密の隠し部屋」

 ほかにも、ホテル内には財宝が収納された「秘密の隠し部屋」が設けられており、宿泊者はホテルの謎を解くことでチャレンジできるようになる(要予約)。

 客室は、定員4~6名の計91室で、いずれもキッチン・ダイニングを備えており、大人数のグループでもゆったり過ごせる。
 
客室イメージ

 なお、9月までは開業特別キャンペーンとして、1泊1室あたり1万3000円から、4名宿泊なら1名あたり3250円からでの利用が可能になっている。

オススメの記事