ソニーの究極ノイキャンヘッドホンに新モデル、通話品質も極めた「WH-1000XM5」

新製品

2022/05/13 20:30

 ソニーは、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能をさらに進化させたBluetooth対応のワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM5」を5月27日に発売する。

ソニーのワイヤレスヘッドホン最新モデル「WH-1000XM5」

 「WH-1000XM5」は、専用設計30mmドライバーユニット搭載による高い音質や、AI技術を活用した業界最高クラスの通話品質を備えるなど、さらなる性能の進化を遂げたワイヤレスヘッドホンの最新モデル。加えて、軽量でスリムなデザインとソフトフィットレザーの使用により、快適な装着性も実現している。

 従来機で搭載していた「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」に加えて、新たに「統合プロセッサーV1」を搭載。ヘッドホンの左右に4つずつ配置したセンサーで効率的にノイズを収音する「マルチノイズセンサーテクノロジー」と2つのプロセッサーを組み合わせることで高精度にセンサーの信号を制御し、高いノイズキャンセリング性能を実現する。

 また、ドーム部にカーボンファイバーコンポジット素材を使用することで柔らかいエッジ部と軽量で高剛性なドーム部を両立した専用設計30mmドライバーユニットを搭載し、低音域から高音域までの再現性を高め、より自然で伸びのある音質を実現した。さらに、ウォークマンで培った高音質技術をヘッドホンに最適化することで、微細な音の再現や広がり、定位感も増している。

 通話機能は、ビームフォーミング技術により口元への指向性を高めたマイクと、5億サンプルを超えるAIの機械学習で構成したアルゴリズムによって、ユーザーの声とそれ以外の環境ノイズを分離し、発話した声をクリアに抽出する。
 
使用イメージ

 そのほか、快適で安定した装着性を実現する軽量でスリムなデザインのヘッドバンド部やソフトフィットレザーを使用したイヤーパッドを採用。また、3分の充電で約3時間の音楽再生が可能なUSB PD(Power Delivery)充電に対応している。

 なお、製品箱には、竹、さとうきび、市場で回収したリサイクル紙を由来とするソニー独自開発のオリジナルブレンドマテリアルを使用するほか、本体に使用する樹脂素材には再生プラスチックを使用している。

 価格はオープン。市場推定価格は5万円前後。

オススメの記事