アイリスオーヤマ、スマホで庫内の食材を確認できるスマート冷蔵庫「STOCK EYE」

新製品

2022/02/09 19:00

 アイリスオーヤマは2月22日、冷蔵室の扉に搭載したネットワークカメラが撮影した庫内の食材などの画像を、スマートフォン(スマホ)で確認できるスマート冷蔵庫「STOCK EYE(ストックアイ)カメラ付き冷凍冷蔵庫296L IRSN-IC30A-W」を発売する。片開きで容量は296L(冷蔵室205L/冷凍室91L)。価格はオープンで実勢価格は13万8000円前後の予定。

アイリスオーヤマのスマート冷蔵庫「STOCK EYE」 

 「STOCK EYE」は、冷蔵室内のネットワークカメラが、冷蔵室の扉を開閉した後の約8分後から庫内を撮影し、その静止画をクラウドに保存する。この画像を、対応するアプリを通じて外出先からスマホで確認できる。カメラの視野角は182°で広範囲を撮影できる。カメラの電源は、冷蔵室の扉を開けた際の給電開始から約10分後に切れる。
 
冷蔵室内に視野角182°の撮影ができる
ネットワークカメラを搭載

 アイリスオーヤマでは、家事を効率よくこなすための「時短家電」ニーズや、世界的な「食品ロス」の問題意識の高まりから、家庭における賞味期限切れの食材廃棄を減らす課題などに対応するという。

 スマホで庫内の食材を確認することで、必要な食材の買い忘れや二重買いの防止に加え、買い物中に庫内を確認しながら献立を検討できる。

 アプリでは庫内の食材の名称・個数・賞味期限を手動登録して食材管理できる。賞味期限前日の食材を事前に通知する機能も搭載し、賞味期限切れが原因の食品ロスを削減する。
 
直近7日分の冷蔵室内の画像が確認できる
 
食材の名称・個数・賞味期限などを手動登録できる

 なお、容量296Lの約3割が冷凍室となっている。週末などにまとめ買いした冷凍食品や自炊した料理をストックすることで、共働き世帯など忙しい家庭をサポートする。冷凍室はカメラで確認できない。

 
冷凍室の容量は91L

 サイズは幅595×奥行き600×高さ1890mm。カラーはホワイトのみ。自動製氷機能も搭載する。
 

オススメの記事