「冷蔵庫カメラ」を新搭載! 日立からスマホ連携する「まんなか冷凍 HXCCタイプ」

 日立グローバルライフソリューションズは2月24日に、冷蔵室のドアを開けた際に自動で撮影し、外出先などからスマートフォンアプリで冷蔵室内の食材をチェックできる「冷蔵庫カメラ」を搭載した、コネクテッド家電の大容量冷蔵庫「まんなか冷凍 HXCCタイプ」を発売する。

「まんなか冷凍 HXCCタイプ」(左、中)と、
冷蔵庫カメラ」の使用イメージ

 「まんなか冷凍 HXCCタイプ」は、本体上部に設置したカメラで、ドアを開けた際に冷蔵室の棚と左右のドアポケットを自動で撮影し、その画像を「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」から確認することが可能なコネクテッド家電の冷蔵庫。定格内容量617Lモデル(R-HXCC62S)、540Lモデル(R-HXCC54S)の2機種で、どちらもカラーはクリスタルミラー、クリスタルシャンパンの2色。

 買い物中に、冷蔵庫の中身を思い出したいときなどに、スマートフォンから「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」を通じて撮影した画像を確認することによって、買い忘れやダブって買ってしまうといった失敗を防げる。

 冷蔵室には、棚スペース全体がチルド温度約2度、湿度約80%になる「まるごとチルド」を従来機種に引き続いて採用しており、約2度の低温保存でどこに置いても鮮度が長持ちする。また、高い湿度によって、一時保存のサラダなどはラップなしでも乾燥を抑えられる。

 なお、617Lモデル(R-HXCC62S)は、冷蔵室最上段で500mLのペットボトルを立てたまま収納できるようになった。

 ほかにも、大容量冷蔵庫の新機種として、へアライン調の鋼板ドアを新たに採用し、インテリアになじみやすいフラットなデザインとした「まんなか冷凍 HWタイプ」3機種(定格内容量617L、540L、485L)を2月17日に、「冷蔵庫カメラ」を搭載した「まんなか野菜 KXCCタイプ」(定格内容量498L)を2月24日に発売する。

 価格はいずれもオープンで、想定実売価格(すべて税別)は下記の通り。
R-HXCC62S 45万円前後、R-HXCC54S 40万円前後、R-HW62S 38万円前後、R-HW54S 33万円前後、R-HW49S 31万円前後、R-KXCC50S 43万円前後。

オススメの記事