JR東日本が「撮り鉄コミュニティ」を開始 普段は入れない私有地撮影の可能性も

サービス

2021/11/11 20:00

 JR東日本スタートアップとファンコミュニティ「Mechu」を運営するミーチューは、JR東日本スタートアッププログラム2021の実証実験として、11月10日から、ファンに向けた情報発信やニーズを反映した限定企画の開催などを目的とした「撮り鉄コミュニティ」を開始した。また、近日中に第2弾のファンコミュニティも開始する予定。

JR東日本からの告知

 今回、JR東日本では、ファンコミュニティMechuの中に、撮り鉄のコミュニティを作成した。ファンの人たちが考えていることやニーズをコミュニティ内で共有し、社員も交えながらどのような体験や企画を用意できるかを探っていく。
 
Mechu画面イメージ

 ファンのニーズを取り入れたイベントを企画することにより、本当に望まれているイベントを実施することを目的としている。また、認識しきれていなかったニーズを集めたうえで、期待に添えるイベントを実現させるために提供できる限界に挑戦していく。
 
車両基地撮影会(写真はイメージ)も実現するかも

 例えば、「コミュニティ限定撮影会イベント」、「撮影した鉄道写真がJR東日本の宣伝用公式ポスターに使用される企画」、「ママ鉄専用コミュニティ」、「普段は入れない私有地などを使った撮影イベント」などの実現を目指す。

 なお、「撮り鉄コミュニティ」の有料入会特典として、有料会員限定チャンネルへの参加、イベントや企画に対する要望の投稿、実現した企画への参加、有料会員限定企画などを予定している。

オススメの記事