• ホーム
  • ライフスタイル
  • 「魔鬼とうがらし」と「金の太陽花椒STRONG」で、おうち麻婆豆腐が本場の痺れとひりつく辛さに

「魔鬼とうがらし」と「金の太陽花椒STRONG」で、おうち麻婆豆腐が本場の痺れとひりつく辛さに

新製品

2021/09/29 15:00

 カネカサンスパイスは9月28日、家庭用スパイスブランド「SPANION」から、「魔鬼とうがらし」と「金の太陽花椒STRONG」を楽天市場で発売した。

昨年発売して楽天1位を獲得した「金の太陽花椒」がSTRONGにパワーアップ

「痺れマシマシ」にパワーアップ

 新商品は、家庭でもよく登場する「麻婆豆腐」に着目。味の決め手となる「麻(マー、花椒の痺れる辛さ)」と「辣(ラー、唐辛子のヒリヒリする辛さ)」それぞれの原料を厳選した産地から取り寄せて、ふりかけやすく持ち運びもできるパッケージに加工した。

 いつもの料理やレトルト食品にさっとかけるだけで、爽やかな痺れとひりつく辛さ、唐辛子の旨みが加わり、本格中華の味が楽しめる。
 
日本ではほとんど出回っていない中国雲南省産ジョロキアをブレントした「魔鬼とうがらし」

 魔鬼とうがらしは、「お店のような激辛麻婆豆腐に仕上げたいけれど、一味唐辛子ではガツンとこないし、ハバネロなどのインド産唐辛子はクセがあって味の邪魔をしてしまう」という課題に対し、中国四川省公認の四川料理専門家である中川正道氏に監修をお願いし、日本ではほとんど出回っていない中国雲南省産ジョロキアほか数種類の唐辛子をブレンドした。

 一口目の強烈なパンチ力はありつつ、唐辛子らしい旨みや香りを楽しめる。一味唐辛子とハバネロの間くらいの絶妙な辛さに調整した。
 
「魔鬼とうがらし」(左)と「金の太陽花椒STRONG」のパッケージ

 金の太陽花椒STRONGは、昨年9月16日に発売し、いきなり楽天1位を獲得した人気商品「金の太陽花椒」と同じく、「中国青花椒第一県」と中国政府に認められた四川省金陽県産青花椒を100%使用。原料の輸送方法や加工方法を見直すことで「痺れマシマシ」にパワーアップした。

 痺れは、口に入れた瞬間に冷たさすら感じるシャープなもの。社内の試食でも「30分経っても舌が痺れている」と一同が悶絶するほどのパンチ力のある痺れを実現した。

 価格はそれぞれ携帯ケース付きが1080円、詰替え用(携帯ケースなし)が1000円。

オススメの記事