5000円切りで血中酸素レベル測定機能も、「OPPO Band Style」が4月23日に発売

新製品

2021/04/21 06:30

 OPPOは、血中酸素レベル測定機能を搭載したスマートバンド「OPPO Band Style」を4月23日に発売する。カラーは、バニラ、ブラックの2色を用意した。価格は4480円。

OPPO Band Style

 OPPO Band Styleは、光学式SpO2センサーを備えており、血中酸素レベルを都度測定できるほか、睡眠中も常時測定可能なので、時間や場所を選ぶことなく身体の状態を把握できるスマートバンド。

 睡眠モニタリング機能によって、睡眠が深い状態・浅い状態・目覚めている状態を記録し、その日の睡眠状態の変化が分かる。また、光学式心拍モニタを搭載し、ユーザーの心拍数を24時間モニタリング可能で、不規則な心拍を検知すると、本体が振動してユーザーに通知してくれる。

 ランニングやウォーキング、サイクリング、バドミントン、クリケット、ヨガなど、12種類のスポーツに対応した「スポーツモード」を備え、さまざまなワークアウトやスポーツを記録でき、記録した内容はスマートフォンの「HeyTap Health」アプリから確認可能で、健康管理のモチベーション向上につながる。

 本体は、水泳やシャワー中の使用に耐える5気圧防水で、スタイルストラップ(ブラック、バニラの2色)とスポーツストラップ(ブラック)の2種類が付属する。また、その日のコーディネートにあわせて変更できる、40種類の文字盤を用意している。
 
2種類のストラップ、40種類の文字盤を用意

 その他、スマートフォンで受信したメッセージや着信通知の確認、音楽の再生・曲のスキップなどにも対応しており、フル充電で最長12日間使える。
 
「HeyTap Health」アプリの画面イメージ

 HeyTap Healthは、ワークアウト、心拍数、血中酸素レベル、睡眠状態のログなどを確認できるほか、文字盤デザインのダウンロードおよび変更、スマートフォンからの通知管理、最大五つのアラーム設定、カメラコントロール、座りすぎ防止リマインダーといった機能も備えている。対応OSは、Android 6.0以降、iOS 12.0以降。

オススメの記事