月額5万5000円で自然の中で暮らせる、サブスク「SANU 2nd Home」先行申込開始

サービス

2021/04/15 17:00

 Sanuは、セカンドホーム・サブスクリプションサービス「SANU 2nd Home(サヌ セカンドホーム)」は、2021年秋のサービスローンチに向けて初期会員の先行申し込みを4月15日10時に開始した。会員登録制(初期費用0円、月額料金制)で、都心からのアクセスが良い自然立地に作られたSANU CABINに好きな時に滞在が可能。料金プランは、会費が月額5万5000円となる。

SANU 2nd Home キャビンの外観と立地イメージ

 SANU 2nd Homeは、「自然の中で生活を営むためのもう一つの家」を提供。物件の賃貸や購入ではなく、定額料金で日本国内のさまざまな拠点に滞在できる。スマートフォンでサブスク会員登録を行うだけで、都心から片道2時間程度の立地にある拠点を自由に選んで滞在でき、都市と自然を日常的に行き来する生活様式が実現できる。一つの拠点に縛られず、海、山、湖から、目的や気分に合わせて滞在先を決めることができる。

 Sanuでは、総開発費用およそ20億円の投資で、2021年度内に5拠点(40棟)のオープンを予定。その後、22年夏ごろまでに新しく5拠点をオープン、計10拠点(90棟)の展開を計画している。

オススメの記事