• ホーム
  • トレンド
  • 毎日1本飲める自販機サブスク4月12日スタート、先着10万人は1カ月半額

毎日1本飲める自販機サブスク4月12日スタート、先着10万人は1カ月半額

時事ネタ

2021/04/09 17:30

 日本コカ・コーラは、「Coke ON」を利用した自販機サブスクリプションサービス「Coke ON Pass」を4月12日に開始する。サービス開始を記念し、先着10万人まで、4月12日~5月31日の月額料金が半額となる「サービススタート記念 半額キャンペーン」を開催。月額1350円で、1日1本、日本コカ・コーラ製品と引き換えられる。

「Coke ON Pass」を4月12日スタート

 現在、Coke ON Pay対応自動販売機でCoke ON Payを初めて利用する人・久しぶりの利用する人を対象とした「Coke ONをはじめる、おトクな6週間 毎週、1本買ったら1本無料!」キャンペーン、「Coke ON Pay」または「Coke ON IC」によるキャッシュレス決済での製品購入でCoke ONのスタンプが2倍になる「キャッシュレスなら、Coke ONスタンプ2倍」キャンペーンを実施中だが、20歳以上を対象に、同じCoke ONアプリを利用した月額定額制サブスクリプションサービスを展開する。

 月額料金は通常2700円。支払い方法は、Apple Pay(iPhoneのみ・手動更新)またはクレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ)。1カ月間に30日間利用するとドリンク1本当たり90円となり、Coke ON Pay対応自販機で1本130円のドリンクを毎日購入しているならCoke ON Passを利用したほうが割安となる計算だ。Coke ON Pay対応自販機は4月時点で、全国約34万台。
 
日本コカ・コーラ公式アプリ「Coke ON」

 Coke ONは、獲得したスタンプを15個ためると、1本分のドリンクチケットを獲得できるお得なアプリ。ドリンク購入でスタンプがもらえるCoke ON対応自販機のうち、Coke ON Pay対応自販機では、Bluetoothで接続し、Coke ON Payアプリを操作して自販機に触れずに購入商品を選ぶ仕組み。支払い設定であるCoke ON Payには、PayPayLINE Pay楽天ペイ(アプリ決済)、au PAYd払いメルペイの六つのスマートフォン決済サービスとクレジットカードを設定できる。

オススメの記事