「箱根そば」やおにぎりがお得な「EMotパスポート」 初回30日間7800円

 小田急電鉄は3月8日に、スマートフォン(スマホ)向けMaaSアプリ「EMot」内で便利な飲食・物販のサブスクリプションチケット「EMotパスポート」を発売した。

スマホアプリでお得

 EMotパスポートは、小田急線のターミナル駅を中心に選定した、そば、おむすび、ベーカリー、カフェ飲食、フラワーショップの計44店舗の買い物に使える、「EMot」オリジナルの30日間定額制チケット。料金は、初回が7800円、継続2回目が7500円、継続3回目以降は7200円。
 
料金体系

 チケットを事前購入した上で、店舗レジなどに掲出されたQRコードをEMotで読み込むと表示される画面を提示することで、1回500円程度のサービスをスマホだけで利用できる。このうち、飲食サービスは、3時間間隔で1日何度も利用でき、生花のチケットは有効期間中に5回まで使える。

 具体的な商品例は「箱根そば本陣・箱根そば(そば)」のかき揚げ天そば、天玉そば、コロッケそば、「おだむすび」のおむすび2つ、HOKUO(パン)の税込300円未満のパン2個、FORESTY COFFEE(カフェ)の税込300円未満のパン2個、フラワーショップ13店舗の対象の切花から3本など。おだむすび、HOKUO、FORESTY COFFEEはテイクアウトのみ。なお、箱根そばの支払い、店頭の専用端末を利用して発券するセルフ方式となる。
 
飲食・花チケットの対象店舗

 お試し用の「EMotパスポート1回券」、「EMotパスポート10回券」も同時に発売した。有効期間は同じく30日間。料金は1回券が500円、10回券は通常より1500円相当お得な3500円。

 このほかEMotアプリでは、「小田急沿線川崎エリアまちづくりビジョン」の第1弾プロジェクトとして、3月25日に公共施設と連携したデジタルチケット「生田緑地おでかけチケット」を発売した。緑豊かな自然環境を有する生田緑地内にある古民家野外博物館「日本民家園」の入園券と、川崎市バス1日乗車券がセットになった独自の周遊券で、先着1000枚まで大人500円(通常1010円)、子ども260円で販売する。

オススメの記事