硬度倍増の新チタン合金を採用! G-SHOCKから「GMW-B5000TR」

新製品

2021/03/11 11:30

 カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の新製品として、スクエア型のフルメタル「5000」シリーズにG-SHOCKのために開発された新素材のチタン合金を採用した「GMW-B5000TR」を4月23日に発売する。価格は19万2500円。

新チタン合金を採用した
G-SHOCK「GMW-B5000TR」

 GMW-B5000TRは、日本製鉄のデザイニングチタンブランド「TranTixxii(トランティクシー)」のチタン合金を外装部分に採用。G-SHOCKのさらなる素材の進化を追い求め、カシオ計算機と日本製鉄が6年の歳月をかけ共同開発を行い、新しいチタン合金が誕生した。軽量で耐食性が高く、低アレルギー性といったチタンの特性はそのままに、純チタンの約2倍の硬度を確保している。

 これにより、今まで鏡面加工が難しかったチタン素材で、ステンレス素材と同等の仕上げを施すことが可能になり、G-SHOCKのチタンモデルでは初めてベゼルとバンドに天面フルミラー仕上げを実現した。

 また、新素材のステンレス同等の鏡面性により、IPの美しさを引き出す新たな表現が可能となり、メタルモデルでは初のマルチカラーIPを採用。ケースにはゴールドIP、バンドとボタンには新しく開発したダークブルーのほか、レッド・ライトグレー・ダークグレー・ゴールドとパーツごとにマルチカラーのIPをカラフルに施すことで、メタルモデルでありながらもG-SHOCKらしい遊び心あふれるデザインとした。さらに、文字板にもマルチカラーをあしらい、ポップな印象に仕上げている。

 機能面では、スマートフォンリンク機能を搭載し、自動時刻修正やワールドタイムなどの各種設定を簡単に行うことができる。また、カシオ独自のソーラー充電システム「タフソーラー」や「マルチバンド6」、高輝度なフルオートLEDバックライトなどの実用性も備えている。

オススメの記事