大きさ・衣の割合・パン粉の粗さが計算し尽くされた「広島県産 牡蠣フライ」

新製品

2021/02/03 16:00

 浜繁水産は、「広島県産 牡蠣フライ/職人の手仕込み」の販売を数量限定で2月3日に開始した。8粒入りで、税込み価格は870円。

広島県産 牡蠣フライ/職人の手仕込み

 広島県産 牡蠣フライ/職人の手仕込みは、日本でも有数の牡蠣の産地である広島県から、清浄海域と認定されている江田島近海で水揚げされた生食用の大粒牡蠣(20~25g)のみを使用している。
 
盛り付けイメージ

 通常の冷凍牡蠣フライの製法と異なり、同社では水揚げ後の生牡蠣に衣を手で付けて加工した後に急速凍結する「ワンフローズン」を採用することで、牡蠣が持つ濃厚な味わいを損なうことなく、鮮度の高い状態を維持する。
 
熟練の職人が生牡蠣一つひとつを手作業で衣付け

 食感にこだわり、目が細かい生パン粉を使用し、熟練の職人が一つひとつ手作業で生牡蠣に付けていく際に、パン粉が4割、原料が6割となるよう衣率を徹底管理することによって、外がカリッと、中がジューシーな仕上がりを実現した。また、パン粉には美味しい色味が出るよう、天然色素であるパプリカ色素を使用している。

オススメの記事