ウォーズマンのフォークが登場! 回して食べれば「スクリュードライバー」再現

新製品

2020/12/21 14:30

 精密部品メーカーのキャステムは、漫画『キン肉マン』の人気超人であるウォーズマンの左腕を丸ごとフォークにした「ベアークローフォーク」を開発した。自社ECサイト「IRON FACTORY」で、12月22日10時に販売を開始する。販売価格は3200円(税別)。

 
ベアークローフォーク

 ベアークローフォークは、ベアークローを装着したウォーズマンの左腕が筋肉もそのまま丸ごとフォークになっており、クルクル回しながらパスタを食べることで、ウォーズマンの必殺技「スクリュードライバー」を再現することができる。パッケージがウォーズマンの名シーン入の専用袋になっているため、携帯も可能になっている。

オススメの記事