360度カメラの最新モデル「Insta360 ONE X2」、Insta360から

新製品

2020/10/29 18:00

 Insta360Japan(Insta360)は、360度カメラの最新モデル「Insta360 ONE X2」を10月28日にリリースした。価格は5万5000円。

Insta360 ONE X2

 ONE X2は、ポケットサイズながら、強力な手ブレ補正、5.7K 360度動画、IPX8防水、360度タッチディスプレイ、AIによるさまざまな編集機能を備えている。カメラ一つで、さまざまなアングルを撮影可能なため、従来、ドローンやプロのカメラマンを必要としていたクリエーティビティの高い、まるで映画のような作品を制作することができる。

 編集する準備が整ったら、たった数回のタップで、Insta360アプリやPC向け編集ソフトのAI機能が最高のシーンを見つけて編集をサポートする。

 360度、ステディカム、InstaPano、マルチビューと四つの撮影方法に対応。5.7K 360度撮影では、さまざまな方向のアクションを捉えることが可能なため、撮影中にカメラを向ける必要はない。編集時に好みのアングルを選択、またはAI編集機能に任せるだけで創造性豊かな作品に仕上げることができる。

 360度撮影だけでなく、ステディカムモードを使用することで通常のアクションカメラのように撮影することもできる。このモードは、ONE X2のどちらかのレンズのみ使用し超広角の映像を撮影することが可能で、すぐに共有できる形式で記録する。

 InstaPanoは、美しいパノラマ写真を撮影するための新しいモード。風景に沿ってカメラやスマートフォンを動かしてつなぎ目の目立つぼやけたパノラマ写真を作成するのではなく、たった1回タップするだけで完了する。

 マルチビュー機能では、二つのアングルを異なる視野で同時に表示し、アプリの顔追跡で撮影者を常にフレームに収める。

 ハードウェアや性能面についてもさまざまなアップデートを施し、強みをさらに強化した。容量1630mAhのバッテリで最長80分の連続撮影を可能にし、新しい高輝度HDタッチスクリーンで撮影したコンテンツを360度でプレビューできる。

 IPX8基準の防水性能を兼ね備えているため、水中撮影も可能。潜水ケースなしで水深10mまで撮影でき、潜水ケースを使えば水深45mまでシームレスな水中スティッチングでの撮影が可能となっている。

 マイクを4カ所に搭載し、カメラをどのように持っていても自分の声をはっきりと捉える。また、新しい風切り音低減アルゴリズムを備えたステレオ録音や、完全没入型体験のためのアンビソニック録音が可能となった。音声制御は、ONE X2が手の届かないところにあっても撮影をコントロールできる。AirPodsを接続してカメラを制御したり撮影中に録音したりできる。

オススメの記事