ルイ・ヴィトン、ルシアン・クラークとコラボの新作スニーカー「A View」を発表

新製品

2020/10/19 17:00

 ルイ・ヴィトンは、2021春夏メンズ・プレコレクションの一部として、新作スニーカー「A View」を10月16日に発表した。カラーは、ブラック&オレンジ、ホワイト&オレンジ、ブルーの3色。税別価格は13万3000円を予定している。

A View

 A Viewは、プロスケートボーダーのルシアン・クラークさんとの交流を通じて生まれたシューズで、メンズアーティスティックディレクターのヴァージル・アブロー氏と、スケーターコミュニティとの絆を象徴する。

 ヴァージル・アブロー氏の言語を視覚化し、プロスケーターのワードローブの鍵となる機能的な側面を発展させており、ストリートウェアに対してヴァージル・アブロー氏が中心に据える「リアリティ、共感性、そして統一感を含む1つの文化を代表する存在である」という考えを体現した。

 反射素材のディテールが施されたテクニカルテキスタイルとカーフレザーで構成され、テクニカルフォームとポリウレタンソールのクッションのフレームワークを配しており、ルシアン・クラークさんとの継続的な対話を通して、スケーターとともにスケーターのために製作され、ルイ・ヴィトンにおけるヴァージル・アブロー氏のデザイン哲学で欠かせない要素の「適応性」をベースとしている。
 

 発売時期は、ブラック&オレンジとホワイト&オレンジが12月中旬。ブルーは、ルイ・ヴィトン渋谷メンズ店のみの取り扱いで、2021年1月中旬の発売を予定している。

オススメの記事